2023年11月08日

「萬華燎爛」外伝 向井正綱と俵屋宗達 ~より深化する多様性~

2472mukaie.png

2023年11月2日のアップデートで追加された向井正綱
このカードは2311新武将・イベント・期間限定合成まとめでも触れた通り多彩な顔を持っているが、
検討の結果最も主眼となるのは”単火力分野における卓越模倣ヘッド”であるという結論に至った。

今回排停になった禰津模倣可から模倣不可へ緊急メンテで修正された経緯を踏まえると”卓越模倣ヘッドの出し直し、やり直し”と考えている

まず、卓越時の倍率が禰津の5倍から3倍に引き下げられている。
3倍が火力を出しつつ、なおかつ火力が出すぎないようにするためのギリギリの倍率と言える。

明智/長野の性能は卓越スキルの卓越倍率に非常に強い影響を受ける
この倍率がイコール倍枠が何倍になるか性能が決まるようなものだからだ。
今回国一丸では3倍と卓越倍率が抑えられた代わりに基本火力が卓越時に虎王ライン26SSに準ずる630%に定められた。Sスキルであるし極めて妥当なラインだと考えている。

今回は蒼天極破「萬華燎爛」外伝としてまず向井正綱の発生火力や部隊構成について述べていく

また、向井正綱の性能を実用ラインに引き上げるために同時に追加された俵屋宗達にも触れないわけにはいかない。
国一丸の5%という極端に低い卓越率は卓越デバフの存在も加味すると俵屋なしでは成立しないよう設計されているのだ。

tawawa.png



まず、向井正綱を模倣して火力を出そう
つまり向井卓越模倣部隊を組もうと思った場合

①明智・長野を2枚並べて使う
②卓越ブースターは使わず俵屋宗達移植する
③素攻ブースターは1.24信長

が火力を出すために重要な要件となる

mukai416.png
向井卓越模倣部隊の火力は陣10%名声5%で4.16億に達する。
指揮兵科は国友適用の騎馬鉄砲である。
kunitomo.png
国友スキル

向井卓越模倣部隊は完成形の今川卓越には及ばないが非常に高い火力を発生することが出来る。

向井を模倣する部隊ではあくまでも火力を生み出すのは二重卓越武将(明智・長野)であるため武将選択の自由度は小さい。
ヘッド(向井)と二重卓越武将(明智・長野)が固定となれば
間に挟まるブースター武将をどうにかする程度しかない

それでは
1.24信長を信長に準ずるブースター武将である北条氏康に置き換えてみよう
mukaiujiyasu.png
3.99億と火力が信長採用に比べて約-1700万という結果になった。
今まで述べてきたように1.24信長>北条氏康なのでこの結果は順当である。
本図は何らかの理由で1.24信長が使えない場合に考えるべき駒組という位置づけになるだろう。

では、向井・信長・明智・氏康で組んで1人二重卓越武将を減らしたらどうなるかも見ておく
denydoublebooster.png

火力は3.74億しか出ない。典型的な”倍率不足”の状態である。
いくら信長と氏康が優れたブースターでも増幅すべき元の倍率が低ければ意味がないということだ。
伊達卓越模倣部隊で信長氏康2枚並べが成立するのは倍率が1080%と高いためで国一丸の630%では成立しない。
両者の間には明確な差があることを指摘したい。
したがって向井卓越模倣部隊は必ず明智と長野を2枚並べて使う必要がある

それでは俵屋宗達の初期スキル移植なしで、代わりに卓越ブースターの黒田官兵衛を用いたらどうなるのかも見ておこう
denykanbe.png
火力は3.28億しか出ない。今まで見て来たものと比べると明らかに見劣りする。
理由は明白で、二重卓越武将以外にとっては模倣元の倍率が630%しかないためである。
黒田官兵衛は伊達卓越模倣でこそ輝く武将でありそこから動かすことは困難だ。
これなら伊達卓越模倣部隊に黒田官兵衛を入れて普通に攻撃した方が明らかに強い。

先ほど見た、向井信長明智北条の構成が火力が出ないのも、模倣元が630%にしかならない武将が2人になってしまい倍率不足に陥るという致命的な構造欠陥を抱えるからである。

したがって、向井卓越模倣で高い火力を得ようと思ったら必ず俵屋宗達初期スキルを移植しなければならない
より高い火力を引き出すためには卓越ブースターを入れる余裕はない。入れるのは模倣ブースターの1.24信長(もしくは準ずる北条氏康のいずれか1人)だ。

またここから逆算すると
向井卓越模倣を使用することで「伊達卓越模倣部隊を防御に専念させることができる」というもう1つのメリットが浮かび上がる。
伊達卓越模倣でしか生きることのできない黒田官兵衛は防御で活躍させようということである。
攻撃でしか生きられない向井と攻防両用できる伊達卓越模倣の共存の形が提示された。このことこそが大きい。

【俵屋移植信長は石田模倣にも使える】
isidamoho2.png
今回の向井卓越模倣は1度組んでしまえばヘッドを変えれば単火力だけでなく人数系部隊にもそのまま使えるのが魅力である。
したがって俵屋宗達の初期スキルは
織田信長>北条氏康>足利義昭の順で移植を検討するのが良いと考えている

選定理由は代替不可能な強力コア武将といった感じだ
義昭に移植した場合は用途が限られることに注意が必要だ

義昭に移す意味とは、合流の義昭の数を確保しつつ平均火力を維持することにある。
そうした特別な作戦目的を持たせた場合にのみ義昭への移植は有効策となりうる。
発生火力は先ほどの黒田官兵衛を入れた際の3.2億付近になるだろう。

氏康トリミング.png

北条氏康は今後複数枚の入手が見込めるカードであり、次世代の素攻ブースターの基本となるだろう。どのみち1.24信長が使えなければ自然と氏康に付けることになる。この後述べる自合部隊でも北条氏康は非常に重要なカードとなる。北条氏康を複数枚違うパターンを用意する時代が来る。

個人的には俵屋宗達初期はやはり1.24信長に移したい。
上に挙げたスキル構成はヘッド変更で流用が可能なように組んだので厳密には最大火力構成ではない。
(向井模倣の図で保護をヘッドに、信長の極枠に龍驤虎躍を入れるようなことをしなかったのはそのため)
育成コスパを最大限にするために流用可能な汎用性を可能な限り残しておくのは翁の設計理念、美学だ。

【幻の禰津卓越模倣部隊】
nedutakuetumohou.png
禰津がもし模倣可のままだったら?というIFストーリーがこれだ。

現Tier1の今川卓越部隊を凌ぐ4.69億の火力を発生してしまう。
冒頭で述べた”卓越時の倍率”が高いと卓越模倣部隊は数値が跳ね上がってしまうのだ。

向井卓越部隊の4.16億というのが非常にバランスの取れた数値であることが分かるだろう。
シクレとはいえ追加されたカードを卓越模倣するだけで現Tier1を凌いでしまうというのは流石にやり過ぎ…というのが模倣不可への緊急メンテに繋がった理由ではないか。

nedu.jpg
模倣不可に修正前の禰津の画像


【伊達部隊から黒田官兵衛を抜くことはできるか?】
datesaburoutawaraya-.png
※指揮兵は三郎信長の極枠のスキルのため騎鉄

結論から言うと黒田官兵衛を伊達から抜くのは得策ではない
黒田官兵衛比-1900万の火力差であるし、抜いた黒田官兵衛をどこにもっていくのか?と考えたときに行き場所がない。

黒田官兵衛は伊達卓越模倣で使ってこその武将である。ここ以外に”生き場所”などないのだ。
伊達卓越模倣に限ってのみ卓越模倣3つ付けた武将それ自体が火力を増幅する性能を帯びて通常枠武将であるネガを打ち消す。さらに覇天の大兵力も火力差を作らせないネイティブな性能の高さとなる。
黒田官兵衛初期スキルの発動率10%ブーストも伊達卓越模倣部隊とのマリアージュがあまりにも美しい。


【天】伊達政宗.png


datehouroku405.png
再掲26章伊達卓越模倣の蒼天極破スペック


【向井正綱のスキルは飛翔部隊に使えないか?】
kuniichigan.png
結論からいって”国一丸”を飛翔に用いても星神闘覇に対して全く優位性を得られなかった。

まず星神闘覇が740%で国一丸に対して火力発生に110%の差がある
上杉謙信以外の小隊長1人につき飛翔1が増えることで部隊飛翔は合計6増えるが、
騎鉄のみ対応のため天翔雷神と共存するために四天轟雷付与を要求する。

さらに国一丸を卓越させるために俵屋宗達初期移植も避けられないことでスキル付与枠が不足してしまうのだ。スキルを付ける場所がない!

kenshin.png

hisyohisyo26.png
再掲26章飛翔部隊の蒼天極破スペック

ただ、翁としては「飛翔15は隠れた虎王ライン」だと思っていたので期中に1せり上がったことはやはりトピックだと考えている。
これは”今後まだ上げますよ”という意思表示に他ならない

飛翔部隊における星神闘覇のような”最大飛翔値参照スキル”は卓越や兵科などの前提条件を持たないものでないとスキル付与枠的に厳しいだろう。本図では壊滅保護を付けることができなかった。

【今後予想される部隊卓越ブーストスキル】
虎王ラインのAランク部隊ブーストスキル戦陣吟詠が登場したので
26SSクラスの部隊ブーストスキルが登場するのではないか。

SSランク 発動率100% 部隊卓越率+35% 攻防効果720%。歌仙絶詠。

【より深化する多様性】
向井正綱と俵屋宗達によってもたらされたもの
それは自合火力の多様性

今までは今川卓越+伊達卓越模倣が本流であった。
しかし向井と俵屋が大きく可能性を広げた。萬華燎爛で指摘した火力の多様性はより深化を果たすことになる。
なぜなら向井卓越模倣ともう1部隊という構成を取ることができるようになるからである。

倍枠飛翔(4.08) ◎ 上杉氏康道三三郎
今川飛翔 ◎ (※1)
今川26SS(4.2) ◎ 今川道三三郎氏康
----------------------------------------
伊達卓模倣(4.05) △ 信長が被る
今川卓越 × 長野明智が被るので不可

組み合わせの相性と構成例を示した。
(※1)今川飛翔についてはくるるさんの【独り言】立花なし立花部隊を考えるを参照してください

いずれも8億を超す火力を発生させることが見込める。
また向井卓越模倣の成立で復刻今川義元からの脱却も見える局面となってきた。
これが琥珀くじから復刻今川義元が排出しなくなったこととリンクして見えるのは翁だけだろうか。


ippantakuetu464.png
今川卓越の現在地”卓越ブーストTriplicated”

今川卓越は俵屋初期ではなく、新たに追加された戦陣 吟詠(部隊ブースト20%)を用いて三重卓越ブースト(Triplicated)にするのが良い。
発動率に縛られることなく完全卓越を導くことが容易になる。部隊外活人剣の数が十分なら虎王母は開闢ノ逆鉾にすることで壊滅保護を得ることも出来る。


というわけでここまで非常に多種類の単火力部隊について考察してきたが
現在の状況を最後に総括しよう。「依然として今川卓越+伊達卓越模倣が強いが新たな道もまた見えてきた。」
これが今回の武将追加の結果であろう。

もしよろしければブログランキングのバナークリックお願いします 翁のやる気に繋がります

posted by 翁 at 21:11| 蒼天極破(最強部隊構想) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月17日

第13回「萬華燎爛」(26章 火力のインフレと多様化)

L.png

第26章が開幕し、新たな720%スキル群「虎王ライン」が登場した。

加えて新たな倍枠三郎信長、長野業正の追加。はたまた兵数増加覇天北条氏康飛翔倍力コア上杉謙信も追加。

火力の華が一気に花開き、思い思いの方法で激しく燃えさかるように咲き乱れる。それは葦原を焼き尽くす燎原の炎だ。

私たちは我が身をも焼き爛れさせてしまいそうなインフレーションの華焔の中からどのような部隊を選び取っていくべきなのか?

今回の蒼天極破では26章に訪れた「萬華燎爛」(ばんかりょうらん)という時代について述べていきたい。



【先頭を走り続ける今川卓越】
今川卓越の構成は、今川義元・明智光秀・長野業正・三郎信長となる。
三郎信長の極枠には星神闘覇・破軍騎行のどちらかを付与して攻撃4振を維持するのが基本骨格となる。
(実戦的には三郎道三の枠は斎藤道三でも良いだろう。)

実はいうと26章開幕時点では今川卓越はTier1の地位を追われるかに見えたのだが、
禰津諏訪流鷹術の追加によって一命をとりとめた経緯がある。

sotenkyokuha26ippantaku.png
蒼天極破では特に断りのない場合、藤林効果を適用した焙烙火矢を装備することとする。
全ての織田信長には弥助の効果(兵数+960)を加え、特殊合成できる武将は全て特殊合成する。
乗算係数とは名声5%、陣10%に部隊に1.24信長がいる場合は24%を掛け合わせたものである。

***

今川卓越部隊の火力は4.74億に達する。堂々と現代を戦い抜けるスペックと言える。
今川卓越は26章においても今なお火力のフラッグシップ足り得るのだ。

しかし、その栄華が果たしていつまで続くかは分からない。

bankaTA.png
萬華燎爛のトリアーティリー
卓越攻撃スキルの火之迦具土神が型落ちになった。
仙剣破斬を極限枠に付けるとSSSランクで苦労するのに火力が下がるので極限枠は遠呂智ノ閃光か禰津諏訪流鷹術が良い。
1つ火之迦具土神を禰津諏訪流鷹術に付け替えると2000万ほどの火力上昇が見込める。

【北条氏康を得て4億に達した伊達部隊】
移植が不可能なスキルを模倣することによって火力を生み出す部隊をブーストできるのは限られた武将しかいない。
倍枠武将に模倣スキルを投与しても効果は倍にはならないからだ。

25章までであれば該当する”模倣ブースター”は1.24織田信長に加えて1.15斎藤朝信しかいなかった。

氏康トリミング.png

突如として現れた北条氏康はとんでもない性能を持っている。1.24信長にほぼ匹敵するブースト効果を持っていることが明らかとなったのだ。参考:OPPAI 26章版

なぜか?
実指揮兵数13800に加えて初期スキルも720%と虎王ラインを持っている。
素攻200万の部隊では720%は1440万の火力に相当し、既に初期スキルは無視できる存在ではなくなっている。

構成は伊達政宗・黒田官兵衛・1.24織田信長・北条氏康。

北条氏康に代えて4卓越模倣の佐々木ユキでも、覇徳川家康でも卓越専用武将の明智光秀ですらも勝つことはできない。
こうして世界は北条氏康の高い性能を知ることとなるだろう。

DATE26SOKY.png
分かりやすくするために思金神ノ深謀を卓越SSマネ、それ以外を卓越マネと表記している

26章萬華燎爛の時代における伊達部隊の火力はとうとう4億の大台に達した。
これは自合部隊も最善を尽くせば4億の火力を獲得することができることを意味している


datesaburou2.png
北条氏康に代えて三郎信長を入れると火力は5000万近く下がる
全く勝負にならない
三郎信長の極限枠に入れた卓越スキルが明智・長野のような二重卓越武将ではないので大した威力にならないことが主因だ
火之迦具土神ではない他の卓越スキルは威力や卓越率から採用は難しい(優位性がない)

では火之迦具土神に代えて虎王ライン筆頭の龍驤虎躍ではどうか?
卓越数が10に減るものの実は火力はこちらが上で3.65億を発生する。
氏康が手に入らない場合は一考の余地があるかもしれない。

saburouujiyasu.png
1.24信長を外すと火力は6000万以上下がる 絶対に抜いてはいけないコア武将

したがって伊達部隊の最善系は伊達政宗・黒田官兵衛・1.24織田信長・北条氏康に定まる
模倣スキルをブーストできる武将は限られており、それは倍枠に生半可なスキルを付与しても覆るものではない。
虎王ライン筆頭の龍驤虎躍を投与してなお勝てなかった。北条氏康は模倣部隊においてそれだけ効果の高いブースターであることの証明である。

【上杉謙信によって躍進する飛翔部隊】
従来立花模倣を基本線として考えられてきた飛翔部隊だが、上杉謙信と虎王ラインとりわけ星神闘覇の追加によって模倣なしでの編成がにわかに現実味を帯びた。

uesugikenshin.png

構成は、上杉謙信・三郎信長・斎藤道三・1.24信長である。

天翔雷神しか突出したキラースキルがない現状では極限3.5倍枠タイプを選択することになる。
風魔ノ夜討を用いた編成(天翔雷神と併用する)は火力不足で時期尚早である。2つを両立させることのできる適切な倍枠武将も存在しない。

したがってメンバーに3.5倍枠の2人が選ばれるのは必然であった。

コア+倍枠2+素攻ブースターの編制は火力を出すための最適解の一つであろう。

hisyocomparison.png
飛翔スキルの飛翔数に対応した火力比較表
Fが飛翔数。
飛翔部隊を設計する上では星神闘覇を付与して飛翔15を得、3.5倍枠に天翔雷神を付与するのが部隊設計の基本線となる。


hisyohisyo26.png

火力は4.27億に達する

また、今川義元をヘッドにして4攻振にするという超攻撃型飛翔も考案されている

蒼天極破では外部要因への依存度が高すぎるとして採用を見送ったが
飛翔部隊の生み出す火力の素晴らしい可能性を示した構想だと考えている。

何にせよ飛翔分野は今後の未来も明るいと考えている。
なにしろ飛翔部隊は既に伊達部隊よりも強いのだから。

26章、上杉謙信という飛翔倍力コアを得て飛翔部隊は立花模倣から完全に脱却した。神龍が天空を自在に駆け巡る。

ブースターには完璧で究極の1.24信長を用いこれによりメンバーは自動的に定まることとなる。

boosterhanobu.png
ブースター枠は1.24信長が勝る 金輪際現れないTier1コアの生まれ変わり

北条氏康を用いた場合、必ず壊滅保護を入れなければならないことも見逃せないネックだ。

jyusihisyo.png

壊滅保護スキル”十死一生”の枠が風魔ノ夜討なら4.32億で500万ほどアドバンテージが出る…が高確率で北条氏康が壊滅してしまうだろう。
代えて破軍騎行(氏康の壊滅だけ防げればいいという意味)では4.21億。
やはり北条氏康を飛翔に使うのは味が良いとは言えない。

”飛翔”の特殊なスキル特性を活かしきったのは最初に示した蒼天極破「萬華燎爛」の編成ではないか?

北条氏康という武将は卓越模倣を3つつけて攻防に使うのが最善だと考えている。
自身の兵数の少なさおよびその特殊効果のため常に”壊滅”と戦わねばならないからである。
その挙動は自己避雷針発生機構と言っても過言ではない。
使用に際しては常に留意するべきだ。

【虎王ラインだけで構成された倍枠部隊】
龍驤虎躍・星神闘覇・破軍騎行 3つの虎王ラインスキルだけを用いて火力が一体どのぐらい出るのか?
構成は三郎信長・斎藤道三・1.24織田信長・北条氏康となる。
卓越や飛翔のようにコア武将を要するスキルがないため最も自然な倍枠2ブースター2の編制を組むことができるのだ。

ryujyo26SK2.png
なんと、これも火力4億を発生する。
しかもコスト14で強襲も可能で、速度も星神闘覇×4で800%UP、飛翔15で負傷せず、破軍騎行のため壊滅することもない。
新時代・新感覚の火力の華の出現である。

とはいえ火力は4億では不満に思うかもしれない。それが萬華燎爛の時代のインフレ感覚でもある。

それでは復刻今川義元を用いて部隊を組めばどうなるか?
今川義元・斎藤道三・三郎信長に加えて用いられるのは2.5信長である
RYUJYORETAKEONE.png

火力は4.32億に達する

巌流を受けたときの龍驤虎躍の発動率は60+21.87+15=96.87%
外部バフで100にすることはさほど難しくないだろう。
2.5信長に代えて1.24信長では初期スキルの覇神絶域(40%)を確定発動させるのが困難なため採用しなかった。

これが、今期初頭に今川卓越を葬り去りかけた今川虎王部隊である。
今川卓越側は禰津諏訪流鷹術の登場でなんとか命脈を保ったという事情があったのだ。

今川虎王部隊は育成難易度が高いが極めて強力で、部隊コストも龍驤の効果で抑制されている。疑いなく強い。

【永劫不滅の「三英"傑"」】
三英傑(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康)はどの部隊に入れても強い。
伊達はもちろんのこと傑徳川家康なら飛翔にさえ使うことができる。

しかし、最もその力を発揮できるのは今川卓越である。

tenketu.png

火力はほぼ6億の5.96億にも達する。
Xスキルを考慮しなければ傑は今川卓越に用いるのが最適解となるだろう。

3英傑を用いた場合、同じタイプの通常の部隊と最善を尽くし合って比較したときに
単火力でも人数系でも「天傑=1億アドバンテージ」の法則があることを特筆しておきたい。

文字通り天傑側には1億+αの火力アドバンテージが常に存在するという意味である。
そこにはどこまで行っても埋めることのできない1億の差が横たわる。

また、3英傑とそれ以降の天傑は全く別の物であり交わることはない。残酷なまでに性能が隔絶している。
今期からの天傑が蒼天極破で取り上げられることは将来にわたってないだろう。

これは同時に「3英傑の価値の高さが将来にわたって固定された」という意味でもある。

通常3英傑は排出されないのでどれだけ行っても追いつくことはできない、そう火焔武闘を付与すること以外では。



萬華燎爛(ばんかりょうらん)…いうまでもなく百花繚乱から来ているが、火力の多様性を”百”ではなく”萬”、
インフレーションの勢いの凄さを何もかも焼き尽くす炎に例えて”燎”・”爛”という字を用いた翁の造語。




もしよろしければブログランキングのバナークリックお願いします 翁のやる気に繋がります

posted by 翁 at 08:11| 蒼天極破(最強部隊構想) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月31日

蒼天極破外伝「虎王ライン」(26章)

26章を象徴付ける3つのSSスキル
「龍驤虎躍」「星神闘覇」「破軍騎行」

これら26章に現れた3つのSSスキル"26SS"によって単火力部隊は新たなステージへと昇ることとなった。
この720%級スキル群を戦国IXA翁日記では「虎王ライン」と名付け、呼称することとする。
虎王ラインには上杉謙信の初期スキル神気乱龍(740%)、北条氏康の初期スキル獅子ノ炯眼(720%)も含まれる。

26line.jpg
火力のラインナップ
天・極・特の初期スキル水準も同時に引き上げられていることに注目して欲しい。


今回はこの虎王ラインへと単火力の水準が繰り上がったことでどのような影響を起きるかについて蒼天極破外伝として論じて行きたい。

”ライン”という名づけで下記の記事を思い出した読者の方がいるかもしれない。

かつて単火力の第一水準は蘆名ラインであった。
あれから2年を経た26章の今、火力の新たなスタンダード「虎王ライン」が登場・確立された。

火力の歴史を紐解けば蘆名ラインから卓越が火力の水準を徐々に引き上げ、25章末期には条件付き720%の"医皇"が登場した。
今思えば26章を迎えての虎王ラインの登場は予定されたものであったと言える。

虎王ラインがもたらす、まず第一の変化は「蘆名時代の終焉」である。
19章の登場から26章まで7期。ついに火力の第一線から完全に消滅することとなった。
(主導権を卓越に譲ったのは24章:蒼天極破 第10回「天下爛漫 卓越覇権時代」)

なぜ蘆名は死んだか?

蘆名は総コスト+3という前代未聞の特殊効果によって当時の常識を超えたスキル倍率を生み出すことでその優位性を確立していた。

しかしながら、"26SS"の登場はその優位性を根底から覆す。
蘆名が部隊にいなくても、蘆名によって得られるよりも遥かに高いスキル倍率を生み出すことができる。
その環境ではもはや蘆名が部隊にいること自体がネガティブな要素となってしまう。

火力の水準である”蘆名ライン”も過去のこと。
三郎信長を擁してコスト23の部隊も組むことができるが、蘆名系スキルを倍枠に入れるよりも、素直に26SSスキルを付けた方が断然強い。
今後1や2コストが増えても覆るものでもない。今後攻撃版真田幸村が登場したとしても焼け石の水にすらならない。虎王ラインの登場によって蘆名の居場所はもはや地上のどこにもなくなってしまった。

虎王ラインのスキルだけで構成される兵法振り部隊(信長氏康道三三郎)では、1部隊で4億以上の火力を発生させることが分かっている。
虎王ラインは蘆名部隊がどんなに渇望しても届き得ない火力を軽々と発生してしまう。


虎王ラインのもたらす第2の影響は「火力の多様化」
医皇のように前提条件を必要とせず720%オーバーの火力を発生させる虎王ラインは非常に多彩な部隊設計を可能とした。
これにより火力の多様化がもたらされる。

なかでも星神闘覇は飛翔15を併せ持つため飛翔部隊には必要不可欠なスキルである。
威力とコスト減の特殊効果の龍驤虎躍、不屈2という新要素を持った破軍騎行。"26SS"には役者が揃っている。

これら”26SS”を駆使することで従来の枠にとらわれない自分だけの部隊をデザインし夢見ることも十分に可能だろう。
配信などで語られた設計者の目指した方向性は十分に達せられたものと考える。

26章、虎王ラインを得て「強い部隊はこれだけ!」という環境から様々なパターンで高い火力を得ることが可能な時代になったのだ。


もしよろしければブログランキングのバナークリックお願いします 翁のやる気に繋がります

posted by 翁 at 10:50| 蒼天極破(最強部隊構想) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする