2024年01月18日

27章新章アップデートまとめ(第5回生放送を受けて)

27head.jpg


翁にゃん193.png
翁にゃんです こんばんはなのぢゃ

27章の開幕に向けた第5回戦国IXA公式生放送と
新章アップデートページ 新章アップデート (sengokuixa.jp)の内容を抜粋して考察していく

ronkokosyo.png
論功行賞。盟主の腕の見せ所だ。よい仕様変更だと感じる。

pointhaibun.png
同盟レベルがカンストしてからの貢物による順位逆転がずっと問題視されていたのでそれへの回答となる。
同盟レベルがカンストしたら内政Pの比率重視度を0倍にすれば根本的に対策を打つことができる。

count.png
同盟防衛カウントは1度も陥落してない状態でのみ各クールの1時間前に増加していく方式に変更となる。
柔らかい盟主城では全くカウントが増えない(11のまま)となるだろう(毎回初日陥落した場合)

また、補佐はカウント増減の対象から除外されるため極端に言えば与戦功が大きいただの城になる。
今までよりも同盟員が加勢を送って守るモチベーションは低下するだろう。特に中下位でこの現象は顕著になるのではないか。

countgoryu.png
同盟カウントによる合流制限の撤廃。これは攻撃する側としては待ち望んでいた変更。
カウントが育つまでに当たってしまった対戦国とはガチンコの勝負ができないというストレスが常にあったので歓迎したい。

ただし、防御側の加勢上限も同様に最初から上限に近いものにしないと公平ではない。
特に同盟レベルを中々上げられない中下位同盟では悲惨なことになるだろう。攻撃側視点では100点満点の仕様変更だが加勢上限については見直しを求めたい。
これは酷いことになりますよ、と警鐘を鳴らすものである。

senkajyun.png
同盟順位の決定順位が戦果順に。これもこうあるべきと言う姿そのもので100点満点である。
防専同盟の地位が相対的に低下するがやむを得ないものと考える。戦果こそが現在の戦国IXAの評価指標である。

goryuskill.png
指揮側がより精細に各部隊の発生火力やバフデバフの非搭載の確認をすることが出来るようになる。100点満点の仕様変更。誰もが待ち望んだ機能変更。

kaseiskill.png
加勢部隊についてもスキルが表示できるようになる。3月以降の実装であることは注意。
これも盟主城を守る上で必須ともいえる変更で100点満点。

対面合戦については実装詳細がまだなので様子見。

goryutuika.png
これも3月以降の実装ではあるが、合流待機中に後から部隊を増やすことができる。こうだったらいいなという機能で素晴らしい。
今までの仕様だと一旦降ろしてから乗せ直すので埋まってしまう危険性があった。

honkageoption.png
本影合流で、反対側が乗ったら即出陣するオプション。本影合流がしやすくなる嬉しい機能。

honryobougyocount.png
本領防御カウントの仕様変更。盟主城に準じたものになる。
カウント4以下で4合まで、というのが消滅することになる。


その他、飛び賞の追加や休戦日の名声消費をしないようにする変更などが盛り込まれている。
27章の刷新報酬も新章アップデート (sengokuixa.jp)こちらから

翁にゃん193.png
というわけで概ね悪いところのない仕様変更に見える。
加勢上限だけ気になるところ。

もしよろしければブログランキングのバナークリックお願いします 翁のやる気に繋がります

posted by 翁 at 21:00| Comment(1) | イベント・アップデート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月12日

2024年1月追加武将(復刻天含む)と27章(大殿ロト・タイトル)について

【2024年1月12日追加武将について】
武田四天王天の排停、変わって上杉景勝・毛利輝元が復刻実装。これらは2024年4月上旬アップデート(27章)で排停。
また、今回追加のシクレ長谷川プラチナ支倉も4月上旬アップデートで排停。


【復刻天】

10041上杉景勝

景勝.png

景勝スキル.png

やはり当ブログの予測通り既存の延長線上のものだった。
とはいえ10スキルで1000%であり 威力は26SSをも上回る。
模倣しても模倣した分は全てまとめて1スキル(模倣スキルが異なっても)と数えられるので模倣ヘッドにはできない。
したがって、移植することになる。2面待ちとはいえSSSランクなので移植が難しいが、三郎道三に移植すれば相当な火力を発揮することはできる。(組めるかどうかは別問題)

UESUGI3.png
部隊編成例。
この部隊は蒼天極破「萬華燎爛」で示した「今川26SS部隊」の延長線上にあるものだ。
不屈スキルを4武将ともにつけたので負傷しない限り無限に戦うことができる。
遠からず今川卓越はTier1の地位を追われることになるだろう。

素材としても優秀で星神闘覇・至天ノ御剣が狙える

10042毛利輝元
輝元.png

輝元スキル.png

スキルは移植可能。
兵科はそのままでHP軽減の範囲が広がった。HP200なので範囲内の攻撃であれば20回分耐えれることになる
火力比1.45倍までの勝ち判定をカバーしており、カバー範囲は非常に広い。
26SSSらしくスキル効果も高いが予想よりはやや控えめであった。

これには意味があり、模倣が禁じられていないのでこのカード自体が模倣ヘッドになりうるということである。
復刻長宗我部の完全上位互換ということもできる。
ただ、520%を模倣して現代火力に対応できるかというと厳しいので使用場所を問わない便利さを評価して使うことになるだろう。

2360東向殿
東向殿.png

東向殿スキル.png

実用性に乏しい姫限定のスキルだが、白眉はS1の薫風甘咲である。
kunpuamasaki.png
個人ブーストの最高峰スキルが極から狙えるのは驚きだ
ちなみに薫風甘咲の裏は開闢ノ逆鉾である


2474支倉常長
支倉.png

支倉スキル.png
移植可能な槍系統の速度・破壊増加スキル
有効な使用方法が見当たらずネタカードに見える

素材としても微妙である

2827長谷川等伯

長谷川.png

長谷川スキル.png


kyosyou.png

RE今川義元もしくは柳生武蔵部隊に移植して使うことになる
強化版外道煉獄のような性能を持っている。兵法の加算値はそれぞれの武将の攻防値を参照する。
柳生と武蔵のみ上限の3000追加の効力を得られる。
柳生と武蔵2人そろっていれば前知を受けても片方の兵法およそ3600は残るので4防振りでも高い兵法値を維持することができるだろう。
この部隊では外道煉獄を不要とするような新スキルと評価することができる。

また、攻撃のRE今川部隊でも外道煉獄以上の効果は見込める
26SShasegawa.png
ただこれも40%発動の覇神絶域確定発動には至らず外部バフを必要とする。
50%の天翔雷神についても同様のことがいえるので今川飛翔に用いたとしても外部バフは必要ということになる。

来期登場のスキルによっては長谷川の初期が必須級になることは十分に考えられ状況は予断を許さない。

ちなみに、RE義元や柳生武蔵部隊以外ではほとんど意味のないスキルである。微バフにはなるがこれで1枠消費するようでは火力が落ちてしまうだろう。


【大殿ロト】
27章の大殿は
 「織田信長」「毛利輝元」「武田勝頼」「北条氏政」「六角承禎」「豊臣秀吉」
 「宇喜多直家」「村上武吉」「相良義陽」「長宗我部元親」「伊達輝宗」「島津家久」

織田信長と毛利輝元は並び的に覇天であると推定できる。
織田信長は1.24も2.5もコアなのでどちらかを押しのける高性能である蓋然性が極めて高い。織田信長は戦国IXAにおいて常に高性能のコアであり続け、新しい覇は当然高性能なものになることが推測される。

毛利輝元は復刻天と同名のため新天が攻撃天でなければ名前被りが発生するだろう。2.5倍今川義元の悲劇再びもありうる。


okinaroto.png
翁のロト予想
武田勝頼、村上武吉、島津家久を的中させた。

【新章の名前と意味は】
新章の名前は「流天絶花~静謐の争奪~」
静謐とは天皇に任じられた将軍による機内の安定統治すなわち天下静謐から転じて将軍そのもののことを指しているのだろう。
信長に放逐され流転することになった義昭に掛けて流天、末代の足利将軍であることから絶花となっている。
つまり流転する将軍足利義昭を大殿たちが主導権を得るために奪い合う、タイトルにはそういう意図があるのかもしれない。
織田信長に放逐され、毛利輝元に庇護されて備後鞆の浦に行きついた義昭。こうして2体の覇天の選定理由も見えてくる。


もしよろしければブログランキングのバナークリックお願いします 翁のやる気に繋がります

posted by 翁 at 17:24| Comment(2) | イベント・アップデート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月02日

俺流の馳走(刷新までのスケジュールなどまとめ)

oreryu.jpg

【戦国おせち】1/31 23:59まで
osechiprize.png

【伊達のお年玉】
datenootoshidama.png
明智/長野の極枠埋めに使うのが至適
火之迦具土神はスペックアウトしているので遠呂智/仙剣の二点狙いが良さそうか
(もう1枚の素材に戦陣剣舞付与した長野などと組み合わせる)

おせちの課題の中には
天上/天下を1回引くというものがあるので幻ポイントが貰える1/12までに引いておいた方がよい

極限突破/天限突破は急ぎでなければ期末の育成講座を待つのも手だ

【伊達の饗宴】
datekyoen.png

卓越模倣3面待ちの優秀なテーブル
勾玉交換で吟詠を消して3面待ちにするのもいいが、このカードを使って乱世をつけてもしょうがないので
極限枠は乱世で埋めて、通常枠に合成するのに使えば第一候補でないものの2面待ちを取ることができる
黒飛燕剣がテーブルにないのは残念だがそれでも優秀だ

1/12までの14連を2回回すことまたは期間勘定30で2枚まで入手することができる。
伊達のお年玉と違って価値が高い

【超極選くじ】
choukyokusen.png
chokyokusenline.png
復刻天と直近に出たシクレプラチナのみのラインナップ
今期天を既に十分に確保出来ている場合は期末の25000P通常極選よりこちらが優ると考える

年始の14連を回してなければ引けないことと極選Pが50000P必要なことには注意が必要。
超極選くじは1/12~1/25まで 冬くじ第二期間と期間が重複するので極選P30000が利用できる


【スケジュールの整理】
幻の武将大饗宴・幻包み
1/12 14:00まで

冬くじ第二期間
1/12メンテナンス後~1/21 23:59

勾玉の交換期間
1/15 23:59:59まで

報酬確定戦
1/27~1/30

報酬配布メンテナンス
1/31(水)メンテナンス

戦国おせち
1/31 23:59まで

天下統一戦
2/2~2/5

統合メンテナンス
2/8(木) 13:00~

【期末の育成講座】
変わらず戦国IXA翁日記では1/25(木)17:00からの実施を予想する
おせちの極限・天限突破クエストは急ぎでなければこの後でも間に合う

【統合関連】
9-17鯖
カード枚数1000枚+位階効果(+傑祝効果)まで
銅銭50万
銀銭5

刷新までの日程

【復刻天 上杉景勝・毛利輝元】
fukkokuten.png
1/12のメンテナンス後に実装 武田四天王を置き換えるもの

10041上杉景勝は茶器として名高いが、同系統の上位互換は相当いじっても使い物にならない。
27SSS(虎王ラインのSSSスキル)の先駆として
①人数系攻撃スキル②飛翔スキル③卓越スキルが考えられるが多分そういうことにはならず同系統の上位互換になるだろう
また①~③が来たとしても27章の新天で陳腐化するのが定番のコース。はたしてどうなるだろうか。

10042毛利輝元は復刻蘆名のような正常進化が予想される。兵科の全対応化、防御効果微上昇、HP軽減範囲据え置き~微拡大
三星を上書きする必要に迫られればかなりの枚数が必要になるだろう

【位階くじ】
ラインナップに天・極が入っているだけ、という感じ
育成凸を一切せずに隠し玉が欲しい人にはいいのかもしれない
ログボガチャのようなものなので30金ならどうだったか。

もしよろしければブログランキングのバナークリックお願いします 翁のやる気に繋がります

posted by 翁 at 10:21| Comment(1) | イベント・アップデート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする