2023年09月30日

【考察】衝撃の”3英傑再登板”と琥珀ラインナップと”コア10”

26章も3つの対戦国の組み合わせを終え、序盤からそろそろ中盤へ差し掛かろうとした9月28日
IXAの世界に衝撃が走った

復刻祭を除きもう入手することはほとんど不可能であろうと思われていた”3英傑”が
なんと再び金くじおよび琥珀くじのラインナップに含まれることが発表されたからだ


3eiketusaitouban.png

ここから読み取れるのは
3英傑は無期限排出ではないかもしれないが、復刻祭を待たず再排出するということは一定の長い期間排出されるであろうということ。
普通に考えれば常設に近い形になるだろう

また、リセマラで3英傑が出てしまうとあまりにもあまりなので
無料100連では排出されないと考えている(確定ではない)

排出率に今期からの天傑の%が入っていないのは表記上の誤りだろうか。

【なぜ3英傑が再登板か?】
当ブログでは下記の通り指摘した

3eiketu.png
3英傑とそれ以後の天傑は同じ”傑”カテゴリとは思えないほど性能に格差がある

今期からの天傑は性能が低すぎて前期と今期で課金くじの引く価値に大きな格差が生まれてしまったこと、
また、今期からのプレイヤーが火焔武闘を付けない限り対抗することができないこと

これが大きな問題点として捉えられたのではないか?


また、今回の告知の問題はこれだけではない
琥珀ラインナップの変更も示されている

kohakulineupchange.png

問題なのは10019今川義元、10014毛利元就が排出停止されることである

特に10019今川義元はドミナントコアの中でも一番優先度の高いカードであり
単火力、人数系で2枚は保持しておきたいカードだからだ

先行鯖も苦しいが、後発鯖は入手の手段がなくなるわけでこれは問題ではないだろうか。

1178足利義昭も必須と言ってよいカードだがなくても全く戦えないわけではない
1214黒田官兵衛は天上・天神くじから排出される比較的新しいカードであるから影響は比較的少ない
10014毛利元就は天戦くじから復刻前のカードが排出されるのでステータスを保護できる復刻今川義元とは少し意味合いが異なる。
10019今川義元だけは所有していないと非常に厳しいコア武将だと考える 火力を作れない

【付録】
26章のコア武将”コア10”(攻撃編)

復刻今川義元(攻撃ステータス保護)

1.24織田信長(完璧で究極の素攻ブースター)

伊達政宗(強力模倣ヘッド)
黒田官兵衛(覇天卓越ブースター)

北条氏康(実指揮13800模倣系疑似ブースター)

上杉謙信(飛翔倍力コア)

明智光秀(卓越専用超強力倍枠)
長野業正(卓越専用超強力倍枠)

三郎信長(3.5倍枠)
斎藤道三(3.5倍枠)

解説
復刻今川義元、1.24信長はいかなる場合も必要なドミナントコア。

伊達部隊を組むなら伊達・黒田官兵衛・北条氏康は必須。
卓越部隊を組むなら明智・長野は必須。
飛翔部隊を組むなら上杉謙信が必須。

通常天の三郎信長、長野業正は入手難易度は低い。



もしよろしければブログランキングのバナークリックお願いします 翁のやる気に繋がります

posted by 翁 at 12:09| 戦略(翁ストラテジー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする