2023年12月28日

蘇る天下統一戦の衝撃(26章報酬確定後戦)

ten2.jpg


tenichi.png

β2の開発遅延によって、急遽β2ではなく天下統一戦が実施されることがアナウンスされた。
①大殿を守る②多国籍軍の攻撃を受けるという前提に立っているはずのない今期の防御部隊設計変更は容易ではない
残された短い時間でどう対応を取るか至急考えなければならない

この本来なら起こり得なかった天下統一戦の実施は
26章の期末に当たるため、育成講座が来ている(戦国IXA翁日記では1/25 17:00~を予想)ので
それまでにどう部隊を改造するのか構想を練っておくことになるだろう


【天下統一戦の報酬】

modalImg01.jpg

modalImg02.jpg

modalImg03.jpg

modalImg04.jpg

modalImg05.jpg

報酬面ではβ1など比較にならない程豊富になるのでしっかりと稼いで27章を迎えたいところ

もしよろしければブログランキングのバナークリックお願いします 翁のやる気に繋がります

posted by 翁 at 20:29| イベント・アップデート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月23日

「天下」「無双」サーバー誕生で起こること

integrate.jpg


tenkamuso.png

先の話になるが28章(2024年8月開始)に1-17のカード資産が統合され、天下サーバーもしくは無双サーバーに振り分けられることが示された。

この事によって何が起きるのか?

1鯖と9鯖を同時にプレイしている人が一旦強制的に消滅するということだ。
つまり1鯖をメインで9鯖もプレイしてくれている人との別れを意味する。

選択されなかった方の鯖で新規城主作成はできるのでカード資産0で再スタートできることはできるがそのころには9鯖も11期目に入っており資産にはかなり差がある。そこからまたビルドアップし直せる意志を持ったプレイヤーが一体何人いると言うのか。

同時にこれは1鯖プレイヤーで9鯖以下をサブ鯖としていたプレイヤーからしてみればサブ鯖の利用価値の終焉も意味するだろう。
いつかこのカード資源をメイン鯖で使いたい。この時のためにサブ鯖をプレイしてきた人は多いはずだ。収穫の時が訪れたのだ。

上で述べた再登録をしても天下⇔無双サーバー間でのカード移動が実装される可能性は極めて低いだろう。少なくとも短期間ではありえない。


この「天下」「無双」両サーバーの草創は大きく見れば戦国IXAにとって良い方向性であると思う。
施策案を見て先行鯖と後発鯖のこの上ない統合策であると感じている。どちらの立場にも配慮して最善の結果を導こうとした結果のものであると受け取った。
しかし、同時にある意味での葬送も覚悟しなくてはならないだろう。近い将来確実に訪れる別れへの期限が区切られた。

プレイヤーのサーバー間移動の動向については
天下→無双サーバーへの移動はあっても、逆は非常に少ないのではないだろうか。
例え志向したとしても現在の1鯖と9鯖の人口差を考えれば登録上限的に”同盟単位で移動する”という案件は不可能な気がしている。


もしよろしければブログランキングのバナークリックお願いします 翁のやる気に繋がります

posted by 翁 at 11:30| イベント・アップデート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月22日

ワールド統合 9-17鯖の誕生(27章,28章)

integrate.jpg


intcontents_01.jpg

来期27章(2024/2~) 9-17鯖に統合が実施
来々期28章(2024/8~)1-17鯖(2ワールド分画あり)+18+19鯖統合

これにより、最大9期の9-15鯖と最大4期の16+17鯖が統合することになる
18、19鯖は少なくとも28章のうちまでは先行鯖に統合されないことも確定した

タイミング的には育成講座終了直後で、次は刷新直前期まで待たなくてはならない
9-15,16+17鯖のプレイヤーは今のうちから統合に向けた準備をしていくことになる
統合後に手持ちの資源を組み合わせてどのような構成を作るか構想しておく必要があるだろう

また、長期的に見れば18+19鯖もワールド「無双」へ吸収されていくと予想する



もしよろしければブログランキングのバナークリックお願いします 翁のやる気に繋がります

posted by 翁 at 11:56| イベント・アップデート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月20日

冬くじがやってくる(26章2023年12月近い将来の予定)


・特殊候補2023/12/21 17:00~
四天轟雷

・幻の武将大饗宴(復刻極選くじ、幻の武将交換所、極選P2倍、勘定1.5倍)
2024/1/12 14:00まで

・季節くじ(冬くじ)
2023/12/21 17:00~

fuyukuji.png
冬くじ第2期間は幻と期間が被らない

・幻包みの期間
2024/1/12 14:00まで

・勾玉の交換期間
2024/1/15 23:59:59まで

・統合スケジュール
来期9-17鯖に統合

もしよろしければブログランキングのバナークリックお願いします 翁のやる気に繋がります

posted by 翁 at 22:37| イベント・アップデート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月15日

幻包みまとめ(26章)

header_002.jpg
001.jpg

公式ページ

前回の記事

前回の記事では分からなかった合成テーブルを掲載します

2590宮本二天
miyamotoniten.png

攻防成長155 兵法成長3

<合成テーブル>
A活人剣 B摩利支天ノ法 C開闢ノ逆鉾 S1仙剣破斬 S2月詠ノ覇威

初期スキルが移植できない!
佐々木巌流のスキルは宮本二天の初期スキルが複数(最低3、4~5)ないと機能しない+唯一の剣豪倍枠=二重卓越武将=天宮本武蔵に付けることでしか真価を発揮できない
ので現時点では宮本二天・佐々木巌流を有効に利用することは難しいと考えられる

理想的には、盟主や補佐の本丸後列で複数の宮本二天スキルを用意してブーストベースを作って
天宮本武蔵に佐々木巌流スキルを付与して加勢するのだが
これが極めて成立しづらい。単なる通常枠である宮本二天を複数枚に組み込むことで火力が下がるので、佐々木巌流スキルを付与して増える火力と相殺してしまう。であればリスクを取って付与する意味がないということになる。

したがって現環境では無筋。

2591佐々木巌流
sasakiganryu.png

攻防成長155 兵法成長3

<合成テーブル>
A活人剣 B遠呂智ノ閃光 C火之迦具土神 S1幻渦龍刀 S2月詠ノ覇威

模倣不可なのでそのまま使うのは難しい
攻防成長は高いが、攻撃では天佐々木小次郎の下位互換だろう。(さらに攻撃で宮本二天を揃えるのはまず不可能)
防御では二重卓越武将の宮本武蔵の足元にも及ばない。

初期スキルは移植が可能だが、S1なので付けるのは簡単ではない

2592帰蝶
kicho.png

攻防成長57 兵法成長3

<合成テーブル>
AB舞蝶朧月 C傾国ノ艶姫 S1S2黒飛燕剣

育成が容易な第5の卓越模倣スキルを初期スキルに持つカード。
コスト5と重い代わりに兵数が多い
卓越模倣分野では1.24信長、元就、今期覇天の氏康を除けば次点に来るカードと言えるだろう

卓越率が20%しかないのでデバフを受ける攻撃戦闘使用時の部隊設計には注意が必要
例えば、伊達部隊に入れると 帰蝶20黒田官兵衛40月詠30で90%にしかならない
活人で28足してもデバフで最大29%引かれるのでその場合最大でも89%になってしまい安定感を欠く


<包み購入はどうしたらいいか>
本影で帰蝶包み2個ずつ購入して極傑を入手するのが最少の支出で最大の効果を得る方法
包みは1つにつき40000極選ポイントもついてくるので幻極選を沢山回したいならそれだけでも一定の価値はあると考えられる

姫傑はコレクターアイテムと位置付け。寿桂尼10枚の方が価値が高いと考える

もしよろしければブログランキングのバナークリックお願いします 翁のやる気に繋がります

posted by 翁 at 11:37| イベント・アップデート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月01日

202312月追加武将+幻の武将大饗宴+幻包み予告+育成講座

・12月追加武将
 【極】今川氏真、津軽為信、陶晴賢、京極マリア
 【特】伊奈忠次、尼子義久、大村純忠
 【上】土屋昌続
 【序】山崎長徳

プラチナは陶晴賢、シクレは京極マリア。


2826京極マリア

maria.png

mariaskill.png

takuetudebafu2.png

  スキルの発動で   5%
    卓越で 5+3=8%
二重卓越で 5+3+3=11%(宮本武蔵・山県昌景のみ)

卓越デバフの新手。
最大で18(本願寺2)+11(マリア初期+卓越2回)=29%が卓越率のデバフの環境となる
俵屋の追加に次いで11月に通常極から戦陣 吟詠/月詠が付与できるようになった意味がより鮮明に分かる武将追加だ
移植先は山県がよいだろう。宮本武蔵は柳生と組ませて火力リソースにした方が良い

現代の火力リソースにはほぼ全て卓越が絡んでいるので影響は甚大
盟主城では山県に移植して卓越させることで11%の卓越デバフ効果を発生する。
これで石田切込正宗の完全卓越を阻害して攻撃側の火力を不安定にさせることが期待できる。

向井卓越模倣も俵屋を移植してなお月詠2活人剣4を揃えないと確定卓越ではなくなっている。(5+70+58-29=104%)

飛翔は関係ないか?と言えばブースタースキルの神農医方が卓越スキルであることを忘れてはいけない。卓越からは逃げられない。

合成テーブルはS1が黄泉醜女で何か付与して初期スキルの素材とすることはできない
取引不可なことも相まって、自分自身で引くしかないカードである

2473陶晴賢
sue.png

sueskill.png

    攻/防
 足軽30/30
弓足軽29/31
騎馬兵31/29

のスペックになる
移植しないと話にならないがしたところで砲より弱いので1枠犠牲にした辛さが浮き彫りになるだろう
となると兵損コスパ改善に真価がある 活動量の多い茶人向け

開闢/十束素材としても価値がある

2359津軽為信
tsugaru.png

tsugaruskill.png

加勢専用の2倍枠武将が通常極で登場
正直OPPAIは下限に近いので性能は低い
影から本城主の加勢などどのように戦力化するか考えるのは面白そうだ

2358今川氏真
ujizane.png

ujizaneskill.png

果心居士適正のある(コスト4.5以上可能な)初期模倣スキルの武将
卓越に関知せず、発動率も高い模倣スキルだ
S2が入来なので4マネ化もしやすい 1枚は育てておいて損のないカードだろう


・琥珀くじ天のラインナップ変更

kohaku2312.png


・「幻の武将大饗宴」開催
12/1~1/12 14:00まで

kyokusenbai.png
極選・勘定増加

前回の復刻祭の考察記事

・「夜襲戦 大坂冬の陣」開催

ログイン日数でアイテムなどGET
12/16、12/22~の2合戦で上級兵の攻撃力UP
など

・Bitcashキャンペーン

bitcashkikan.png

bit.png

・幻の包み告知
12/14 17:00~1/12 14:00
maborsi.jpg


12/14から。情報が先出しされたことは高く評価したいところ

nitentutumi.png

ganryu.png

niten.png

sasaki.png

攻撃で使うのは厳しそうな縛りなので、盟主城でたっぷり卓越をブーストした佐々木巌流のスキルを宮本武蔵に付与して使うのが強そうだ
宮本のスキルが剣豪にしか効果がないので佐々木のスキルは山県にはつけられないことに注意
250×3×3=2250%

kicho.png

kichoskill.png

5つめの卓越模倣。卓越率が20%しかないので攻撃で使うときは注意が必要だ。
伊達部隊に付与した場合デバフを受けてなお確定卓越させるのは大変である。

対して部隊外バフ豊富な盟主城なら何も問題ないだろう。
防御側に対する卓越デバフが登場するまでは、だが。

ketu.jpg

ketu.png

magatamalist.png

今回の幻包みのポイントはこれ
なんと極傑・姫傑と交換ができる

極傑は名声100上限UPの効果が極めて大きく、常時ヴァリニャーノの防御効果を300%上昇させることができるのとほぼ同じ意味を持つ
賀茂と組み合わせることができれば常時最大値の1000%を維持することも難しくない。

他の交換リストは
寿桂尼(卓越模倣A2面待ち)、伊達成実(卓越模倣)、片倉喜多(戦陣吟詠)、松寿院(部隊姫卓越ブースト)などが価値が高い。

本と影でそれぞれ6000金の包みを2個ずつ買えば勾玉が100溜まるのでここが最低限ということになりそうだ(24000金)
まだ宮本二天らの合成テーブルが明らかとなっていないのでそれ次第でどのぐらい価値が高まるか決まるだろう

包みには極選P40000がついているので普通にくじを回すよりも効率が良いのは確かだ

最大必要金は本影合わせて72000金
得られる勾玉の最大量は300個

これで極傑が行き渡れば葵陣は割り放題になりほぼ無力化されるだろう


・育成講座
ikuseikouza.png
12/1~12/21 14:00で3週間
引いたカードの育成を一気に進めたい

もしよろしければブログランキングのバナークリックお願いします 翁のやる気に繋がります

posted by 翁 at 19:46| イベント・アップデート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする