2023年09月30日

【考察】衝撃の”3英傑再登板”と琥珀ラインナップと”コア10”

26章も3つの対戦国の組み合わせを終え、序盤からそろそろ中盤へ差し掛かろうとした9月28日
IXAの世界に衝撃が走った

復刻祭を除きもう入手することはほとんど不可能であろうと思われていた”3英傑”が
なんと再び金くじおよび琥珀くじのラインナップに含まれることが発表されたからだ


3eiketusaitouban.png

ここから読み取れるのは
3英傑は無期限排出ではないかもしれないが、復刻祭を待たず再排出するということは一定の長い期間排出されるであろうということ。
普通に考えれば常設に近い形になるだろう

また、リセマラで3英傑が出てしまうとあまりにもあまりなので
無料100連では排出されないと考えている(確定ではない)

排出率に今期からの天傑の%が入っていないのは表記上の誤りだろうか。

【なぜ3英傑が再登板か?】
当ブログでは下記の通り指摘した

3eiketu.png
3英傑とそれ以後の天傑は同じ”傑”カテゴリとは思えないほど性能に格差がある

今期からの天傑は性能が低すぎて前期と今期で課金くじの引く価値に大きな格差が生まれてしまったこと、
また、今期からのプレイヤーが火焔武闘を付けない限り対抗することができないこと

これが大きな問題点として捉えられたのではないか?


また、今回の告知の問題はこれだけではない
琥珀ラインナップの変更も示されている

kohakulineupchange.png

問題なのは10019今川義元、10014毛利元就が排出停止されることである

特に10019今川義元はドミナントコアの中でも一番優先度の高いカードであり
単火力、人数系で2枚は保持しておきたいカードだからだ

先行鯖も苦しいが、後発鯖は入手の手段がなくなるわけでこれは問題ではないだろうか。

1178足利義昭も必須と言ってよいカードだがなくても全く戦えないわけではない
1214黒田官兵衛は天上・天神くじから排出される比較的新しいカードであるから影響は比較的少ない
10014毛利元就は天戦くじから復刻前のカードが排出されるのでステータスを保護できる復刻今川義元とは少し意味合いが異なる。
10019今川義元だけは所有していないと非常に厳しいコア武将だと考える 火力を作れない

【付録】
26章のコア武将”コア10”(攻撃編)

復刻今川義元(攻撃ステータス保護)

1.24織田信長(完璧で究極の素攻ブースター)

伊達政宗(強力模倣ヘッド)
黒田官兵衛(覇天卓越ブースター)

北条氏康(実指揮13800模倣系疑似ブースター)

上杉謙信(飛翔倍力コア)

明智光秀(卓越専用超強力倍枠)
長野業正(卓越専用超強力倍枠)

三郎信長(3.5倍枠)
斎藤道三(3.5倍枠)

解説
復刻今川義元、1.24信長はいかなる場合も必要なドミナントコア。

伊達部隊を組むなら伊達・黒田官兵衛・北条氏康は必須。
卓越部隊を組むなら明智・長野は必須。
飛翔部隊を組むなら上杉謙信が必須。

通常天の三郎信長、長野業正は入手難易度は低い。



もしよろしければブログランキングのバナークリックお願いします 翁のやる気に繋がります

posted by 翁 at 12:09| 戦略(翁ストラテジー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月17日

第13回「萬華燎爛」(26章 火力のインフレと多様化)

L.png

第26章が開幕し、新たな720%スキル群「虎王ライン」が登場した。

加えて新たな倍枠三郎信長、長野業正の追加。はたまた兵数増加覇天北条氏康飛翔倍力コア上杉謙信も追加。

火力の華が一気に花開き、思い思いの方法で激しく燃えさかるように咲き乱れる。それは葦原を焼き尽くす燎原の炎だ。

私たちは我が身をも焼き爛れさせてしまいそうなインフレーションの華焔の中からどのような部隊を選び取っていくべきなのか?

今回の蒼天極破では26章に訪れた「萬華燎爛」(ばんかりょうらん)という時代について述べていきたい。



【先頭を走り続ける今川卓越】
今川卓越の構成は、今川義元・明智光秀・長野業正・三郎信長となる。
三郎信長の極枠には星神闘覇・破軍騎行のどちらかを付与して攻撃4振を維持するのが基本骨格となる。
(実戦的には三郎道三の枠は斎藤道三でも良いだろう。)

実はいうと26章開幕時点では今川卓越はTier1の地位を追われるかに見えたのだが、
禰津諏訪流鷹術の追加によって一命をとりとめた経緯がある。

sotenkyokuha26ippantaku.png
蒼天極破では特に断りのない場合、藤林効果を適用した焙烙火矢を装備することとする。
全ての織田信長には弥助の効果(兵数+960)を加え、特殊合成できる武将は全て特殊合成する。
乗算係数とは名声5%、陣10%に部隊に1.24信長がいる場合は24%を掛け合わせたものである。

***

今川卓越部隊の火力は4.74億に達する。堂々と現代を戦い抜けるスペックと言える。
今川卓越は26章においても今なお火力のフラッグシップ足り得るのだ。

しかし、その栄華が果たしていつまで続くかは分からない。

bankaTA.png
萬華燎爛のトリアーティリー
卓越攻撃スキルの火之迦具土神が型落ちになった。
仙剣破斬を極限枠に付けるとSSSランクで苦労するのに火力が下がるので極限枠は遠呂智ノ閃光か禰津諏訪流鷹術が良い。
1つ火之迦具土神を禰津諏訪流鷹術に付け替えると2000万ほどの火力上昇が見込める。

【北条氏康を得て4億に達した伊達部隊】
移植が不可能なスキルを模倣することによって火力を生み出す部隊をブーストできるのは限られた武将しかいない。
倍枠武将に模倣スキルを投与しても効果は倍にはならないからだ。

25章までであれば該当する”模倣ブースター”は1.24織田信長に加えて1.15斎藤朝信しかいなかった。

氏康トリミング.png

突如として現れた北条氏康はとんでもない性能を持っている。1.24信長にほぼ匹敵するブースト効果を持っていることが明らかとなったのだ。参考:OPPAI 26章版

なぜか?
実指揮兵数13800に加えて初期スキルも720%と虎王ラインを持っている。
素攻200万の部隊では720%は1440万の火力に相当し、既に初期スキルは無視できる存在ではなくなっている。

構成は伊達政宗・黒田官兵衛・1.24織田信長・北条氏康。

北条氏康に代えて4卓越模倣の佐々木ユキでも、覇徳川家康でも卓越専用武将の明智光秀ですらも勝つことはできない。
こうして世界は北条氏康の高い性能を知ることとなるだろう。

DATE26SOKY.png
分かりやすくするために思金神ノ深謀を卓越SSマネ、それ以外を卓越マネと表記している

26章萬華燎爛の時代における伊達部隊の火力はとうとう4億の大台に達した。
これは自合部隊も最善を尽くせば4億の火力を獲得することができることを意味している


datesaburou2.png
北条氏康に代えて三郎信長を入れると火力は5000万近く下がる
全く勝負にならない
三郎信長の極限枠に入れた卓越スキルが明智・長野のような二重卓越武将ではないので大した威力にならないことが主因だ
火之迦具土神ではない他の卓越スキルは威力や卓越率から採用は難しい(優位性がない)

では火之迦具土神に代えて虎王ライン筆頭の龍驤虎躍ではどうか?
卓越数が10に減るものの実は火力はこちらが上で3.65億を発生する。
氏康が手に入らない場合は一考の余地があるかもしれない。

saburouujiyasu.png
1.24信長を外すと火力は6000万以上下がる 絶対に抜いてはいけないコア武将

したがって伊達部隊の最善系は伊達政宗・黒田官兵衛・1.24織田信長・北条氏康に定まる
模倣スキルをブーストできる武将は限られており、それは倍枠に生半可なスキルを付与しても覆るものではない。
虎王ライン筆頭の龍驤虎躍を投与してなお勝てなかった。北条氏康は模倣部隊においてそれだけ効果の高いブースターであることの証明である。

【上杉謙信によって躍進する飛翔部隊】
従来立花模倣を基本線として考えられてきた飛翔部隊だが、上杉謙信と虎王ラインとりわけ星神闘覇の追加によって模倣なしでの編成がにわかに現実味を帯びた。

uesugikenshin.png

構成は、上杉謙信・三郎信長・斎藤道三・1.24信長である。

天翔雷神しか突出したキラースキルがない現状では極限3.5倍枠タイプを選択することになる。
風魔ノ夜討を用いた編成(天翔雷神と併用する)は火力不足で時期尚早である。2つを両立させることのできる適切な倍枠武将も存在しない。

したがってメンバーに3.5倍枠の2人が選ばれるのは必然であった。

コア+倍枠2+素攻ブースターの編制は火力を出すための最適解の一つであろう。

hisyocomparison.png
飛翔スキルの飛翔数に対応した火力比較表
Fが飛翔数。
飛翔部隊を設計する上では星神闘覇を付与して飛翔15を得、3.5倍枠に天翔雷神を付与するのが部隊設計の基本線となる。


hisyohisyo26.png

火力は4.27億に達する

また、今川義元をヘッドにして4攻振にするという超攻撃型飛翔も考案されている

蒼天極破では外部要因への依存度が高すぎるとして採用を見送ったが
飛翔部隊の生み出す火力の素晴らしい可能性を示した構想だと考えている。

何にせよ飛翔分野は今後の未来も明るいと考えている。
なにしろ飛翔部隊は既に伊達部隊よりも強いのだから。

26章、上杉謙信という飛翔倍力コアを得て飛翔部隊は立花模倣から完全に脱却した。神龍が天空を自在に駆け巡る。

ブースターには完璧で究極の1.24信長を用いこれによりメンバーは自動的に定まることとなる。

boosterhanobu.png
ブースター枠は1.24信長が勝る 金輪際現れないTier1コアの生まれ変わり

北条氏康を用いた場合、必ず壊滅保護を入れなければならないことも見逃せないネックだ。

jyusihisyo.png

壊滅保護スキル”十死一生”の枠が風魔ノ夜討なら4.32億で500万ほどアドバンテージが出る…が高確率で北条氏康が壊滅してしまうだろう。
代えて破軍騎行(氏康の壊滅だけ防げればいいという意味)では4.21億。
やはり北条氏康を飛翔に使うのは味が良いとは言えない。

”飛翔”の特殊なスキル特性を活かしきったのは最初に示した蒼天極破「萬華燎爛」の編成ではないか?

北条氏康という武将は卓越模倣を3つつけて攻防に使うのが最善だと考えている。
自身の兵数の少なさおよびその特殊効果のため常に”壊滅”と戦わねばならないからである。
その挙動は自己避雷針発生機構と言っても過言ではない。
使用に際しては常に留意するべきだ。

【虎王ラインだけで構成された倍枠部隊】
龍驤虎躍・星神闘覇・破軍騎行 3つの虎王ラインスキルだけを用いて火力が一体どのぐらい出るのか?
構成は三郎信長・斎藤道三・1.24織田信長・北条氏康となる。
卓越や飛翔のようにコア武将を要するスキルがないため最も自然な倍枠2ブースター2の編制を組むことができるのだ。

ryujyo26SK2.png
なんと、これも火力4億を発生する。
しかもコスト14で強襲も可能で、速度も星神闘覇×4で800%UP、飛翔15で負傷せず、破軍騎行のため壊滅することもない。
新時代・新感覚の火力の華の出現である。

とはいえ火力は4億では不満に思うかもしれない。それが萬華燎爛の時代のインフレ感覚でもある。

それでは復刻今川義元を用いて部隊を組めばどうなるか?
今川義元・斎藤道三・三郎信長に加えて用いられるのは2.5信長である
RYUJYORETAKEONE.png

火力は4.32億に達する

巌流を受けたときの龍驤虎躍の発動率は60+21.87+15=96.87%
外部バフで100にすることはさほど難しくないだろう。
2.5信長に代えて1.24信長では初期スキルの覇神絶域(40%)を確定発動させるのが困難なため採用しなかった。

これが、今期初頭に今川卓越を葬り去りかけた今川虎王部隊である。
今川卓越側は禰津諏訪流鷹術の登場でなんとか命脈を保ったという事情があったのだ。

今川虎王部隊は育成難易度が高いが極めて強力で、部隊コストも龍驤の効果で抑制されている。疑いなく強い。

【永劫不滅の「三英"傑"」】
三英傑(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康)はどの部隊に入れても強い。
伊達はもちろんのこと傑徳川家康なら飛翔にさえ使うことができる。

しかし、最もその力を発揮できるのは今川卓越である。

tenketu.png

火力はほぼ6億の5.96億にも達する。
Xスキルを考慮しなければ傑は今川卓越に用いるのが最適解となるだろう。

3英傑を用いた場合、同じタイプの通常の部隊と最善を尽くし合って比較したときに
単火力でも人数系でも「天傑=1億アドバンテージ」の法則があることを特筆しておきたい。

文字通り天傑側には1億+αの火力アドバンテージが常に存在するという意味である。
そこにはどこまで行っても埋めることのできない1億の差が横たわる。

また、3英傑とそれ以降の天傑は全く別の物であり交わることはない。残酷なまでに性能が隔絶している。
今期からの天傑が蒼天極破で取り上げられることは将来にわたってないだろう。

これは同時に「3英傑の価値の高さが将来にわたって固定された」という意味でもある。

通常3英傑は排出されないのでどれだけ行っても追いつくことはできない、そう火焔武闘を付与すること以外では。



萬華燎爛(ばんかりょうらん)…いうまでもなく百花繚乱から来ているが、火力の多様性を”百”ではなく”萬”、
インフレーションの勢いの凄さを何もかも焼き尽くす炎に例えて”燎”・”爛”という字を用いた翁の造語。




もしよろしければブログランキングのバナークリックお願いします 翁のやる気に繋がります

posted by 翁 at 08:11| 蒼天極破(最強部隊構想) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月13日

OPPAI 26章版

26章対応版のOPPAIを公開します

以前のバージョンはこちらです 翁式力量評価指標(OPPAI)
詳しい説明をお読みになりたい方はご参照ください


<攻撃武将>
OPPAIATTACK26.png

<防御武将>
OPPAIDEF26rerere.png


OPPAI(Okina Power Potential Assessment Index)は倍枠武将の評価を行うために翁が独自に考案したものです。

計算式は 指揮兵数×最大適正(1.4)×倍枠係数

OPPAI創生当初から時代が下り、兵科適正は1.4倍が当たり前になったと思うので統率の欄自体を省略しました

【倍枠係数とは何か?】
通常枠1 2倍枠2 2.5倍枠2.5 極限3倍枠3.6 極限3.5倍枠4.2 極限枠1.2と評価して和算したもの。

倍枠武将であれば2+2+1.2=5.2
3倍枠武将であれば1+1+3.6=5.6

26章では虎王ラインが登場したため、一部の倍枠武将の初期スキルは無視できないほどの効力を持っている。
そのため今回から初期スキルを評価し、倍枠係数に付加することとした。

何のスキルを基準にするかが一番の問題だが
龍驤虎躍810%を基準とし、初期スキルから基礎的倍率150%を引いたものの比を加えたものとする。

例:
北条氏康 (720%-150%)÷810%=0.70 これを通常枠武将の倍枠係数3.2に足す=3.90
三郎信長(380%-150%)÷810%=0.28 これを3.5倍枠武将の倍枠係数6.2に足す=6.48

例以外でこの新ルールを適用したのは斎藤道三、堀秀政である。最上以前の3倍枠は初期スキルが基礎的倍率に満たないため無視した。

人数系では石田切込正宗が200人時で1200%を発生しうるため、付加されるスキルの倍率が虎王ラインよりも無視できないレベルで大きくなる場合では倍枠武将の初期スキルの評価は相対的に低くなることに注意して欲しい。

あくまでも810%を仮の”最も妥当であろう基準”として用いているものであり、どのようなシチュエーションでも正しく武将の性能を評価できるものではないことをお断りしておく。本質的に誤謬性を孕みつつも極力武将の性能を定量化する、というのがOPPAIの初代から引き継がれるコンセプト。今回のOPPAIを26章版としたのもあくまでも現在の環境では、という但し書きのつもりである。


今回の更新のトピックは何と言っても北条氏康。虎王ラインの出現と相まってOPPAIも新たな評価軸を用いることを余儀なくされた。
1.24信長や1.24元就にほぼ匹敵するそのスペックが正しく読者に伝われば幸いである。

本人は高い攻防成長を持っているもののあくまでも通常枠武将だ。模倣部隊に壊滅保護を付けて使用するのが最もスマートであろう。
北条氏康を使用した部隊を組む際に壊滅保護スキルを付けないのは絶対のNGである。(原理的に兵数が部隊内で相対的に少なくなるので避雷針効果が集中し壊滅してしまうため)



その他の原理論はこちらを参照ください

もしよろしければブログランキングのバナークリックお願いします 翁のやる気に繋がります

posted by 翁 at 11:32| OPPAI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月05日

202309追加武将(13周年姫武将)+イベント

イベント姫極

2584愛姫

modal01.png

megohime2.png

所領版の宇喜多直家(吉乃)
所領防で模倣系のヘッドを用いる場合は必要なカードとなるだろう。
しかし所領をそこまでして守るか?と言われれば疑問は残る。とはいえ1枚は模倣で育成せざるを得ないか。

megohimeskillkoza.png

愛姫スキル.png

移植素材としては微妙なのでもっぱら本人を育てることになりそうだ


2585妙玖

modal02.png

myokyu2.png

防御卓越専用スキル2000%を発生し、禰津諏訪流鷹術と同じく一夜にして環境TOPに躍り出た。
Tierは
水恋2000%>仙剣破斬1840%>下間1600%>前髪1440%>戦陣剣舞1200%

みょうきゅうスキル.png

Sの2面AB候補で移植が容易である。何をおいても宮本武蔵に移植すべき。
ただし、卓越20%なので発動ブーストの外部供給がないと確定しづらいのはネック。

2586三条の方

modal03.png

sanjyonokata.png

所領4列目時限定で効果が1.5倍で飛翔7を得る。
効果範囲が狭すぎて微妙。

三条の方スキル.png

sanjyo.png
移植可能で虎王ラインにおける26章新天並のスキル効果はあるがパンチには欠ける
四天轟雷素材としてはC候補なので優秀

sanjyokataskill.png



2587瑞渓院

modal04.png

zuikein.png

ずいけいいん.png

個人ブーストスキルの極みとも言えるもの。移植できるのは意外だった。今までの真田信繁、柳生は移植不可だったため。
神農医方を確定卓越させるのに益しそうか。

2588立花誾千代

modal05.png

gintiyo.png

誾千代スキル.png

星神闘覇が付けれない、が、飛翔15は欲しいという場合に用いることができる
C候補から立花初期の天翔雷神も移植でき、飛翔部隊育成の重要素材



※上記武将カードは2023年10月上旬予定のアップデートメンテナンスにて排出停止


通常追加武将

2470風魔小太郎

風魔.png

kotaro.png

天翔雷神類型スキル
発動率70%もあるので今川4振り部隊も容易であるが肝心のスキル性能が天翔雷神に劣る

tensyoraijin.png
比較用天翔雷神


風魔スキル.png

S1に飛翔ブーストスキル(霧隠初期)を持っているので素材価値は高い
ABの裏も霧隠初期なので AB-S1でつばたえにぶつければ第一候補の素材を簡単に作れる



2823織田有楽斎

有楽斎.png

urakusai.png

有楽斎スキル.png

えっワシ…?

部隊内40%発動補正は強力 佐々木小次郎の巌流を確定発動させるのに良さそうだ。ただしコスト3で果心居士適正がないのは残念。
茶人素材にもなるので有益なカード。織田長益だけに。

北条氏康によって自合全体のコストが浮いたことで、デバフのスキル枠を浮かせられる時がきたのかもしれない。
この武将を用いることで忌火・外道などの発動ブーストスキルの一切を省略できる可能性がある。本人の兵法も3.5であり好適である。

「風魔小太郎【極】」「織田有楽斎【極】」は2023年12月上旬予定のアップデートメンテナンスにて排出停止
※「風魔小太郎【極】」「織田有楽斎【極】」は取引不可。

通常極は素材性能ともに特筆するものはなし。
特に風狂素材あり。

tokufukyo.png




kikan.png

evdefup2.png

この数値変動の意味は3種砲兵を用いたときに平均6%程度の防御側上昇となる
器(雑賀含む)には変動がないため器の相対的弱化と捉えることもできる

乗算6%の変動は無視できるものではなく盟主戦には少なからず影響があるだろう

tetuashiup.png
芝辻鉄足の前後比較


longikai.png
期間中に位階を入れると50日持続する
サブ鯖の位階を入れるならこの期間

もしよろしければブログランキングのバナークリックお願いします 翁のやる気に繋がります

posted by 翁 at 17:20| イベント・アップデート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月04日

26章第3戦までの仕様変更まとめ

第1戦
戦果システムの実装 戦功+総合÷100=戦果
本領⇔所領のコスト割り振り機能の実装
位階ポイントの進捗は戦功÷10だったが、戦果÷10に上方修正された(今までは総合ポイント部分は加味されていなかった)

同盟ポイントもイコール戦果であったため、前期比1/100しか数値が伸びなくなり問題となる→第2戦までに修正
また、”戦功”の獲得機会がほぼ拠点陥落のみに限られたため防御側に何の達成感もないことも問題となる→第2戦までに報告書の表記が修正

第2戦
同盟ポイントの合戦ポイントの計算式が戦功+総合ポイントに修正される
報告書の表記が戦果を含んだものに修正される

houkokusyo.png
修正された報告書
防御国補正も明示されるようになった。
影武者砦の防御側(つまり攻撃国)にも掛かっているのは仕様?バグ?

第3戦
繰り返し合戦クエストの一部の基準が戦功から戦果に変更になる
・9/5のメンテナンスにより本丸・出城に固有防御値が与えられる。
・本領には元からあったが数値が微弱だった。今回から出城にも拡充
1鯖7600万 9鯖4500万の固定値。

homarubonus.png

火力を伴わない3合保食が困難になることや、兵1防御の復権などが予想される。
%や倍率の修正をすると上位と下位の乖離が拡大するという理屈は確かにその通りだ。
とはいえ簡単に調整できるものでもないように思える。苦慮の結果導かれたのが係数が”期数の平方根”なのであろう。本修正が実効性を伴う修正となるかは疑問が残る。

公式のお知らせへのリンク

もしよろしければブログランキングのバナークリックお願いします 翁のやる気に繋がります

posted by 翁 at 11:08| イベント・アップデート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする